生活リズムとダイエットの関係 生活リズムと学力の関係とは?
医師や教授など、専門家の監修でお届けする生活リズムポータルサイト
TOPページお問い合わせ

中高生のための生活リズムの基礎知識

10.おわりに

眠るが勝ち

ウサギとカメの話は知っていますね。カメはたゆまない努力を惜しまなかったので勝った。 これは勤勉のすすめです。ウサギは油断し、怠けて、居眠りをしたから負けた。これは油断大敵、居眠りは怠けもののすること、とのメッセージではないでしょうか?でも カメは爬虫類、変温動物で、基本的に昼行性。ウサギは「うさぎうさぎ何見て跳ねる。十五夜お月さんみて跳ねる」のわらべ唄でもわかるように夜行性です。つまり昼間は寝てしまうのです。ですから昼間の競争はもともとカメに有利で、この競争が夜に行われていたならきっとウサギが勝っていたに違いありません。昼間に寝てしまうのはウサギの習性なのに、そのことを取り上げて、ウサギは居眠りをした怠け者、とのレッテルを張られてしまったようで、ウサギをかわいそうに感じます。またこの話からは「寝ては負け」というメッセージも伝わってしまいます。

塾に通っている皆さんも多いと思いますが、ある塾では講師の先生が生徒さんに対してこんなことを言っているそうです。「なんだキミは夕べは12
時半に寝てしまったのか。A君は2時まで頑張ったそうだぞ」。これでは「寝ては負け」ということを君たちに思い込ませようとしているようなものですね。

ヒトという動物は、寝て食べて出してはじめて活動できる動物です。活動の中身は学力、遊び、運動、コミュニケーション、社会活動とさまざまですが、ヒトという動物は、寝ないではまともな活動ができないように作られてしまっている動物なのです。気合と根性で、頑張って寝ないでいては、脳がくたびれ果ててしまうのです。寝る間を惜しんで仕事をしてもまともな仕事ができるわけがありません。どうか皆さんは眠りを疎かにしないでください。しっかり眠ってこそ、きちんと脳が働き、立派な活動ができるのです。眠るが勝ち、なのです。

特別講義.ブルーライトの影響
1.生活リズムとは?
2.生活リズムの世界比較
3.日本と世界の睡眠時間の違い
4.睡眠時間が減るとどうなるのか?
5.では何時間寝ればいいのでしょうか?
特別講義.社会的時差について
6.生活リズムが崩れるとどうなる?
7.生活リズムを治すには?
8.ちょっとつけたし、成長ホルモンの話
9.入眠儀式と睡眠中枢
10.おわりに
サイトマップ
トップページ
生活リズム甲子園TOPページへ戻る
知っ得?!生活リズム辞典
敵を知り己をしれば100戦危うからず
生活リズムセルフ診断 Ver.1
あれこれ言ってるけど、自分はどうよ?
生活リズムセルフ診断 Ver.2
さらに細かく診断してみたら?
生活リズム大公開
のぞいてみたい、あの人の生活リズム
私をつくる自分管理術
食の管理術御紹介
私をつくる自分管理術
時間の管理術御紹介
生活リズム甲子園
生活リズム試験で都道府県1位を目指せ
生活リズム甲子園 携帯編
携帯電話に関する生活リズム試験
サイトマップ
初めての方はこちらから


子どもゆめ基金 助成活動
(独立行政法人国立青少年教育振興機構)




トップページ知っ得?!生活リズム辞典生活リズムセルフ診断1生活リズムセルフ診断2
生活リズム大公開生活リズム甲子園教師陣の紹介お問い合わせ
生活リズム対抗試験入門編PDF回答生活リズム対抗試験上級編PDF回答生活リズム対抗試験携帯編PDF回答
Copyright 生活リズム甲子園 All Rights Reserved.
powered by 子どもの早起きをすすめる会