生活リズムとダイエットの関係 生活リズムと学力の関係とは?
医師や教授など、専門家の監修でお届けする生活リズムポータルサイト
TOPページお問い合わせ

中高生のための生活リズムの基礎知識

2.生活リズムの世界比較

寝る時刻、起きる時刻についての世界のデータを見てみます

 まず大人です。2004年に行われたインターネット調査(世界28カ国、約1万4千人が回答、エーシーニールセンが実施)結果です。まず寝る時刻、就床時刻です。全体の37%が午前0時を過ぎていました。地域別に見るとアジアが40%、米国34%、欧州32%で、アジアで夜ふかしをする人が多く見られました。下図は夜ふかしのベスト10です。


 一番夜ふかしが多いのはポルトガルで、75%が午前0時を過ぎてから寝ています。これに2位の台湾、3位の韓国、4位の香港と続いています。日本も夜ふかしが多く、60%が午前0時以降に就寝、25%は午前1時を回ってから眠りに就いています。一方早寝の国は豪州で、24%が22時までに就寝しています。続いて、ニュージーランド(19%)でした。
起床時刻では、7時前に起床している割合がアジアと米国は60%でしたが、ヨーロッパは50%でした。下図は早起きベスト10ですが、1位はインドネシア、2位はベトナムで、インドネシアの72%、ベトナムの55%は6時前に起床しています。日本は遅寝でも、早起きでも上位10位以内でした。


 次は高校生です。2003年秋のデータです。

 日本の高校生は6割が午前0時を過ぎても起きていますが、米国では6割が午後11時前に、中国でも5割が午後11時前に、9割が午前0時前に寝ています。なお2006年秋の全国養護教員会の調べによる平均就床時刻は、高校2年生男子で23時49分、女子で23時間51分です。
 同じ調査による中学生、小学生の平均就床時刻は、中学2年生男子で23時19分、女子で23時間33分、小学校5年生男児で22時間10分、女児で22時9分です。なお2005年の報告ですが米国の小学4年生の就床時刻は20時36分、中国の小学4年生は21時00分です。
 最後は乳幼児です。P&G社がヨーロッパ各国(2004年3-4月)と日本(2004年12月)で行った就床時刻調査です。調査年齢はヨーロッパが0-36ヶ月、日本が0-48ヶ月です。


 就床時刻が午後10時以降の子どもたちは日本で46.8%ですが、スウェーデン27%、イギリス25%、ドイツ・フランスはそれぞれ16%です。ちなみに就床時刻が午後7時以前の子どもたちがドイツで35%、イギリスで33%、スウェーデンで26%います。フランスは6%で日本は1.3%でした。

 このように日本は赤ちゃんから大人まで世界でも有数の夜ふかし、と言えそうです。

特別講義.ブルーライトの影響
1.生活リズムとは?
2.生活リズムの世界比較
3.日本と世界の睡眠時間の違い
4.睡眠時間が減るとどうなるのか?
5.では何時間寝ればいいのでしょうか?
特別講義.社会的時差について
6.生活リズムが崩れるとどうなる?
7.生活リズムを治すには?
8.ちょっとつけたし、成長ホルモンの話
9.入眠儀式と睡眠中枢
10.おわりに
サイトマップ
トップページ
生活リズム甲子園TOPページへ戻る
知っ得?!生活リズム辞典
敵を知り己をしれば100戦危うからず
生活リズムセルフ診断 Ver.1
あれこれ言ってるけど、自分はどうよ?
生活リズムセルフ診断 Ver.2
さらに細かく診断してみたら?
生活リズム大公開
のぞいてみたい、あの人の生活リズム
私をつくる自分管理術
食の管理術御紹介
私をつくる自分管理術
時間の管理術御紹介
生活リズム甲子園
生活リズム試験で都道府県1位を目指せ
生活リズム甲子園 携帯編
携帯電話に関する生活リズム試験
サイトマップ
初めての方はこちらから


子どもゆめ基金 助成活動
(独立行政法人国立青少年教育振興機構)




トップページ知っ得?!生活リズム辞典生活リズムセルフ診断1生活リズムセルフ診断2
生活リズム大公開生活リズム甲子園教師陣の紹介お問い合わせ
生活リズム対抗試験入門編PDF回答生活リズム対抗試験上級編PDF回答生活リズム対抗試験携帯編PDF回答
Copyright 生活リズム甲子園 All Rights Reserved.
powered by 子どもの早起きをすすめる会